Eastbourneに住む大学生、英国生活で気付いた事を書いています。


by motti-mochi

Tour de England 終章

明日の日本帰国と同時に、僕の留学生活が幕を閉じます。
卒論が終わってから、母がこっちに来て今まで自分が暮らしていた場所をなぞる様に周ってきたのですが、いい気持ちの整理方法だったと思います。

思えば、とんでもない我がままのみで思いついたこの留学。終わる時はあまりにもあっさりと、そしてしめやかに終わっております。日本に帰る興奮を覚える事も無く、4年間の留学を振り返る哀愁も無く、ただ一つのプロセスが進行して行く様に、淡々と物事が進んでいます。

しかし、日本に帰ってから、この4年間の生活がとてもいとおしくなると思います。振り返るには多すぎる出来事、楽しい事、悲しい事、怒った事、寂しい事、今は多すぎて頭が整理をする時間が無く、実感がありませんが、いろいろな出来事が本当に星の数ほどありました。それを通して人間的に成長してきたと思います。掛け替えのない糧を得ることができました。

留学を支えてくれた家族、親友達、大学の世界中から集った友人達。本当に今までありがとう。おかげで、僕は素晴らしい体験を最高のタイミングで体験できたと思います。
これから、この4年間学んだ事を忘れずに、もっともっと多くの体験をしていきたいと思っています。

Tour de England、両親への報告用に書いてきたこのブログも目的を終えました。Englandの名前がつくのもおかしいですし、留学の終了を機に閉じようと思います。

今まで、いろいろな人が見てくれて、本当にありがとう。そして、こんなブログでも役に立ったのならとても嬉しいです。

では、Tour de England。最終章、終了です。
[PR]
# by motti-mochi | 2008-06-20 07:13 | 大学生活

卒業です。

先週、卒論の結果が出ました。60%でギリギリ真面目ちゃんゾーンに入ることができました。
日本の皆様に支えられ、なんとか終わらせる事ができた卒論にこのような点数を頂いた事にとても満足しております。
そして、助けてくれた皆様方、厚く御礼申し上げます。

さて、今週の水曜日には母がこのイングランドに観光にやってきます。だから、水曜日までに今住んでいる所を引き払う為に。週末は荷造りに費やしました。

4年間も留学していると、とんでもない荷物を持っているんじゃないか…と思われるのが普通だと思うのですが、僕は別送便無しで十分です。即ち、機内受託の20キロのスーツケースと、機内持ち込み用の10キロ、計30キロに収まります。

この留学で気が付いたことは、人間荷物をあまり持たなくても結構平気という事です。
2年前のヨーロッパ一周旅行の時も必要だと思って持ち出したものが、旅先では全く使わず完全にお荷物だった物なんて結構ありました。

それから、漠然と人間持てるものは最低限でいいんだと考えるようになりました。
高額なものや、大きなものを購入すると自分の人間としての新陳代謝や行動力が極端に下がる気がします。

自分で持てる程度の荷物で、いつでも出掛ける事ができる。この身軽さは本当に例えようのない喜びを僕に与えてくれます。それ故、自分が何かを持っているという安心感よりも、身軽である開放感が僕にとっては重要だと思います。

それでも計30キロにも及ぶ荷物を抱えているんですからね…止む無く捨てるしかないものもありましたし…旅行鞄一つでいつでも何処でも出掛ける寅さんのようにはいきませんね。

あ、来る母にも少し荷物を入れさせてもらおうと考えています…ダメだこりゃ。
[PR]
# by motti-mochi | 2008-06-09 04:09 | 大学生活

エージェントサービス

今日は朝から、去年から登録していたリクルートエージェントの方との電話面談がありました。
LCFの前に数社興味があった企業について、エントリーをしたのですが、その関係で始めて面談です。

約1時間程度お話しましたが、採用活動の一環というよりも、自分がどのような志望を持っているかのチェックでした。
朝だったので、考えがあまり纏まっていませんでしたが、言いたい事だけは発表。そして、履歴書の書き方や、面接でのアドバイスも頂きました。うん、話しすぎの癖、未だに抜けず。

後、自己PRや志望動機の書き方もまだまだブラッシュアップが必要だなぁと感じました。KEyTipsなんて色々メモを取ってあるのですが、それを全て頭の中に入れて書くとなると至難の業です。

面接の事も様々なReminderを頂きました。会話のキャッチボールね…もっと繊細なコミュニケーションの方法を学ばないとなぁ…。

と、色々新しい発見が合ったリクルートエージェントサービス。キャリアフェアだけに注目が行きがちですが、こういうサービスももっと知れ渡ると良いですね。

「就活メモ」

某鉄鋼専門商社から、エントリー落ちのお知らせ。ごめんなさい、企業研究全くしていませんでした。けれど、彼等のHPで社員が話している話はとても共感を得た。ご縁は無かったが、就活を通して企業への、働く事への、しいては自分の生き方について考える事ができた。

彼女さんから履歴書やエントリーシートについて辛辣なコメントを貰う。自分では気が付かない意見は本当に嬉しい。

夏の合同説明会に、豊通除く全ての総合商社が出展。昨年説明会に出た時、商事の新入社員の方が40分近い会社説明の間、直立不動だったのが懐かしい…
全体的に、去年に比べて大手の出展が多い気がする。勘違いして、8月になっても内定が無いなんて事にはならないように注意しよう。

B社のエントリー締め切り、スルー…。
[PR]
# by motti-mochi | 2008-06-04 21:07 | 就活

牛乳飲み比べ

前に、新しい牛乳が発売されてという記事を書きましたが、実際に飲み比べをして見ました。

a0043806_18342559.jpg


全て、4種類を飲み比べ!

一番手は、0.1%の脂肪分の牛乳

a0043806_18352767.jpg


200ml中の平均的な脂肪分は0.2g

お次は、新製品の1%

a0043806_183718.jpg


2%のものと味は変わらないといううたい文句!脂肪分は2.0g。

三番手は2%。今回1%のものと味がどれほど同じなのか楽しみです。

a0043806_1840863.jpg


脂肪分は3.4g

最後は僕のご愛用Wholeミルク

a0043806_18443222.jpg


脂肪分は堂々の7.2g

さて、これをそれぞれ違ったマグカップに入れて、飲み比べてみます

a0043806_18474044.jpg


さて、どんなもんでしょうか…


「結果」

0.1% 牛乳の濃厚な風味がかなり押さえられていて、後味から来る“ふわっ”とした感覚が印象的。料理に使うのは物足りないと思いますが、ご飯と一緒に食べる事ができるくらいの適度な濃度がいいかも。

1% 新製品は、口の上部をなでる様な不思議な風味を残しました。舌に味がしっかり残るのではなく、比較的すっきりとした味。ちょっと牛乳として慣れない味でした。そりゃそうか。

2% 口全体に広がる風味が良いですね。やはり1%と比べて風味の濃度に違いがありました。結構明確な違いだと思うのですが…。後、1%では感じられなかったカルシウムの味(なんだそりゃ…)がしっかり感じられました。

4% おなかにズシンと来る牛乳の脂肪分…濃厚な味で、あまりご飯と一緒に食べようとは思いません…けれど、これを紅茶に入れるといいんですよ~。

と、まぁ色々飲んで比べてみました。1%と2%の違いは結構明らかだったのですが、普通に飲む牛乳としてはそんなに気にならないかなぁという気がします。
これから、どっちがスタンダードになるか見ものですね。

この後、多分牛乳の飲みすぎにより腹痛をもよおしたのはまた違う話です。
[PR]
# by motti-mochi | 2008-06-02 19:12 | England

LCFについて

手応えなし!
Dinnerのお誘いはありましたが、日帰りだったので丁寧にお断りしました。
次の日もあったので、辛いです…。

喋る事の内容について、要点をよく纏めて、もっとポイントを抑えた事を言えばよかったかなぁという気がします。緊張はしなくなったけれど、おかげでいらんことまで喋っている気がする。

後は、自己分析かなぁ…もっと突き詰める必要を感じました。

東京までまだまだ時間があるし、頑張るぞぉ~!目指せ第一志望!
[PR]
# by motti-mochi | 2008-06-02 17:58 | 就活